JAWS DAYS 2019 に行ってきた

JAWS DAYS 2019 に行ってきました.

下記は、自分が聴講したセッションのメモとスライドのリンクです.


[アーキテクチャ]今日からはじめるCI/CD…のためのAWSアーキテクチャ事始め

夫婦喧嘩からはじまるCI/CD by 山﨑 奈緒美さん

  • webサーバ2台のサービス規模だとしても、それさえ手動で構築は面倒.
    -> CI/CDを導入してはどうか、という会話になった.
  • 今後サーバ台数を増やしたいときも手動? それはどうなの?
  • 導入するメリットは?
    • 手動ではなく AutoScalling.
    • update や bugfix を、手動の上書きではなく Immutable に運用したい.
    • 将来サービスをインスタンス化、マイクロサービス化したいなら、なおさら導入するべき.

CI/CD と AutoScalling は違う.
まずは CI/CD を分けて考える.

CI(Continous Integration)

  • 開発の本質
    • bug の早期発見および対処.
    • software の品質向上.

CD(Continuous Delivery/Deployment)

  • Delivery
    • 承認がないと本番にデプロイできないことがある.
  • Deployment
    • 継続的に行えること.
    • deploy に無駄な時間をかけずに迅速に対応できること.

システムの品質向上が目的

  • 何のためのシステム?
    etc. カスタマー向け、企業ユーザ向け、社内向け

リソースの属人化や権限の縦割りって無駄.

  • 開発者自身が自由にリリースできる方が良い.
  • リリース権限者がボトルネックになる可能性.
  • リリース権限の縦割り、が古い考え方.

CD からはじめるほうがお手軽

  • CI/CD を一気に導入するのは考えることが多くてたいへん.
  • 既存プロジェクトに後から CI 導入は難しい.
  • CI やるにはテストコードが必要なので、CD (deploy) だけでも自動化してみる.
  • 非コンパイル言語なら CD だけでもやって見る価値あり.
  • リリース頻度が週1,2回以上ならなおさらやるべき.

今日からはじめるCI/CD by 波田野 裕一さん

“サービスに自分たちを合わせるのではなく、自分たちのパイプラインにサービスを組み込む” by SA 大村さん

CI/CD のデザインマップ

  • 自分たちのパイプラインの行き先はユーザ.
  • ツールに精通しても時代が変われば意味がない.
  • パイプラインの行き先がユーザになっていれば、使用されているツールはなんでもよい.

[ハイブリッドクラウド] クラウドからオンプレを管理する! AWS の Management Tools を使ったハイブリッドアーキテクチャ
by 大村 幸敬さん


[IoT]IoT野郎が語り合う、IoTの今と未来、そしてエコシステム

こちらはTwitter(#iot野郎)でお題を募集するパネルディスカッション形式でした.

コミュニティとエコシステム

  • 情報を取り入れるだけでなく、情報を交換するのがコミュニティ.
  • 昔はEC2だっておもちゃだと思われていた. RaspberryPiもそう.
    • やったことはだいたいLinux上で動く.
  • “やってみた”は全量の2割くらい.
  • “やってみた”で終わらせない.
  • AI関連の案件が増えてきた.
  • connected な製品が増えてきた.
  • ビジネス領域は、機能面でも、費用面でも増えてきている.
    • できることが、どんどん製品に取り込まれて増えてきた.
    • 開拓者に追随した人が新たに何かやる、というのが増えている.
  • 世の中にないものをIoTで、という事例が増えている.
  • やり方はさておき、必要性は感じる。人よりもIoT機器の数が膨大になり管理しきれず、攻撃の踏み台にされる心配がある.
  • ハードウェアに出荷前の段階で、証明書を入れたりする作業は結構コストになる.
  • 企業内の設備はセキュリティがゆるい. ベンダー側からはお客様に啓蒙していかなくてはならない.
  • 日本はICTへの施策は奥手だった. 世界の先陣きって実施する姿勢はよい.
  • データ量を要求される.
    • 動画のストリーミングだったり.
    • 機械学習だと避けては通れない.
  • センサー側のコード化.
    • ただデータを送るのではなく、画像ならフレームの差分だけ抽出して、できるだけデータ通信量を抑える.
  • IoTでビジネスをしたいのであれば、クラウドは手段なので言ってしまえばどこでもいい.
  • Greenglass などのサービスを先陣きってやってくるのがよい.

IoTとエコシステム

  • お客様は、導入までの手数を減らしたいはず.
    • IoTセレクション. ソリューションをそのまま借りることができる.

[Others]Infrastructure as Codeに疲れたので、僕たちが本来やりたかったことを整理する

https://speakerdeck.com/shogomuranushi/infrastructure-as-code-is-very-tired


[CLI]AWS CLIではじめるコマンドラインライフ 〜 正しい「運用自動化」への第一歩
by 波田野 裕一さん

“GUI は中学生まで”
“運用自動化” よりも “運用構造化” の未来へ

GUI

  • なんとなく理解していれば、つつがなく作業完了(ほんとに?).
  • なにか起きたときに対応できる知見がつかない.
  • GUI 手順作成は、CUI の3倍の手間、1/3の品質.
  • UI 改訂のあおりを受ける.

CUI

  • コマンドや API など低レベルで機能を理解して作業.
  • 一歩ずつ確実に知見を積み上げることができる.

AWS サービスは API の集合体

  • AWSは全ての機能をAPIで提供している.
  • “AWSを真に理解する”とは”AWS APIの仕様を理解する”こと.

AWS CLI のバージョンは週4~5回更新.

  • GUI でできないけど CLI ならできることが4000以上.
  • 後回しにすればするほど学習コストが高くなる.
  • 変更差異が確実にわかるので undo ができる.
  • ちなみに CloudFormation で対応しているサービスは、全サービスの半分以下.

AWS CLI利用方法

  • 何はともあれ公式リファレンス.
  • 補完機能
  • 強力なJAMESPath.
    • 出力結果から特定のノードを取り出すことができる.

運営スタッフの皆様、登壇者の皆様、スポンサーの皆様
本当にありがとうございました。

0%